ステイホームの過ごし方「オンライン飲み会」

新型コロナウィルスの影響で外出自粛が出てから、Stay Home(ステイホーム)を楽しむために、最近はオンラインに頼りっぱなしです。

オンラインフィットネスとかオンラインヨガとかオンライン飲み会とかオンライン会議とか

 

 

ずっとオンライン。

 

 

 

でも、それと同時にオンラインの便利さも知った。

 

最近は女子の集いで「オンライン飲み会」をしました。
自分の好きな飲みものを用意して、自分の食べたいものを揃えておく。
参加者はスマホかパソコンがあれば楽しめます。

 

この記事では、オンライン飲み会をしてみた感想や注意点も含めてご紹介していきます。

使用したツールは「Zoom」と「LINE」

 

私が今回オンライン飲み会で使用したツールは「Zoom」「LINE」の2つです。周りの友達も比較的この2つが多く、仕事で使用するときは専ら「Zoom」です。

 

LINE
LINEでオンライン飲み会をする時には、LINEのビデオ通話を使用します。
ビデオ通話で画面に顔が表示できるのは4人までとなっています。
パソコンの場合だと、16人まで可能です。それ以上の人数だとアイコン表示になります。
私はもともと4人でおこなう予定だったので、画面に4人が表示されました。
実際はこんな感じになります。
人数が増えると、下記のようにアイコン表示になります。
基本は、ビデオ通話中にもLINEを見ることは可能ですので、不便はありません。
LINEグループを作って、そこでビデオ通話するだけなのでやり方は簡単です。
また、LINEだとフィルター機能があるので、顔を一切写さない方法からメイクアップ効果や色補整してくれるものも備わっています。女性の方はすっぴんでも気軽に参加できます(笑)
途中抜けて、また参加することも可能。
飲み会の開始に入りそびれた場合でも状況を確認して参加することができます。LINEだと顔を使って遊ぶ新感覚ゲーム「Face Play」もできるので、お話だけではなくゲームでも楽しめますね♪
Zoom
オンラインミーティングツール「Zoom」では、主催者がアカウントを作る必要があります。
その後、参加者にURLを共有すれば開始できます。今では、仕事上で使うことも多くなり、ビジネスツールとして定番化しているため、音声や画質等も問題ありません。個人的には、仕事上では「Zoom」を使用し、友達とのオンライン飲み会は「LINE」の方が楽しいかな?と思いました。
LINEにはキャラクターエフェクトの機能があるので、みんなで顔を変えたり楽しみ方が多様です。
新型コロナウィルスの影響で使用者が急増したと言われている「Zoom」ですが、最近はセキュリティの部分で注意が必要であるとも言われています。
勝手にZoom内に侵入してきてしまうトラブルがあるようです。利用する際には、会議URLにパスワードをつけて使用することが必須と言えそうです。

オンライン飲み会のメリット

今回オンライン飲み会をしたときに、小さな子供がいるママさんも参加しました。普段なら小さい子供がいて飲みに出かけることが難しくても、オンラインだと「少しの時間だけ気軽に参加」ができるのです。

 

✔自分の好きなものを飲んで、食べたい物を食べれる。
普段飲みに行くと、注文する際に飲み物や相手の嫌いな食べ物などに気を遣う事もあると思います。オンラインではその気遣いが不要です。

✔どこに住んでいても参加できて、画面越しなのに会っている感覚になる。
普段遠方で会えない友達とも、距離を感じず、会っているわけではないのに「こんなに簡単に会えるんだ!」なんて会話になりました。会えてはいないんだけどな。笑

✔飲みに行く時よりも、気軽に参加できる。
オンラインだと、正直すっぴんでも部屋着でも楽な恰好で参加ができます。移動時間もなければ、途中参加も途中退出も簡単にできます。飲みに行ったあとに電車での移動は少し疲れる・・・なんてこともあるはずです。オンラインでは、すぐに寝れる環境があります。

 

オンライン飲み会のデメリット

私は、回を重ねていくごとに結構深刻なデメリットにも気づき始めてきたのです。

 

✔時間の制限を決めないとダラダラと飲み続ける。
自宅でリラックスして飲める空間だからこそ、時間を気にせずに飲んでしまい、気づいたらいつもよりも飲みすぎてしまうなんてことも。これは、私の友達も同じことを言っていましたが、本当に飲みすぎてしまうのです。そして、「お開き」のタイミングもなかなか切り出せないものです。私は、途中で抜けたこともありましたが、結果私が抜けたあとも、5時間くらいオンライン飲み会は続いていました。(笑) 次の日寝不足だったことでしょう・・・。

 

✔コスパは良いのかもしれないが、インターネット環境は重要。
オンライン飲み会だとインターネット環境が必要になります。
Wi-Fi環境があり接続していればデータ通信料の心配は少ないと思います。
月に使用できるギガ数が決まっていると悲惨なことになります。私はWi-Fi環境がなかったので、ギガ数の尋常ではない減りにびっくりしました。しかし、それもそのはず。オンライン飲み会は、楽しくて時間を忘れてしまい、気づいた時には何時間も経っています。それを数日続けるとあっという間にギガ数は減ります。Wi-Fiに接続しておこなえる環境が1番です。

 

オンラインだと会話が聞き取りにくい?

オンラインでは、人数がある程度いると誰が何を言っているのかわからなくなったり、同時に話し始めてしまうこともあります。「1人ずつ喋って!!!」という会話もありました。(笑)
人数は5人までが一番丁度良いのかなと個人的には思います。また、会話が聞き取りにくかった時に、イヤホンをすることによって解消されたパターンもあります。

その他にも、パソコンにカメラ機能が備わっている方には、パソコンもおすすめです。画面が大きくてスマホよりもさらに会って話しているような感覚になります。

まとめ

想像以上に楽しむことができたオンライン飲み会ですが、やはりネット環境は非常に重要です。
あとは、ダラダラと飲みすぎてしまうので、お酒はストックしすぎないようにすることをオススメします。(笑)
楽しいからこそ飲みすぎてしまうのですが、なんでもほどほどが良いですね*

タイトルとURLをコピーしました