婚活女子必見!波瑠主演ドラマ「サバイバル・ウエディング」から学んだこと(前半戦の名言まとめ)

スポンサーリンク

2018年7月に日本テレビ系で放送された「サバイバル・ウェディング」というドラマはご存じでしょうか。

私は毎週欠かさず見ていました。
あらすじは、

寿退社翌日に婚約を破棄され復職した出版社勤務の29歳のOLが、新上司のファッション誌編集長の指示に従ってファッションブランドのマーケティング戦略を取り入れた恋愛テクニックを用いつつ、成功と失敗を重ねながら恋愛と人生を切り拓いていく姿を描くストーリになっています。※Wikipedia参照

 

単なるラブコメディではなく、「人それぞれの幸せの在り方」を考えらせられるドラマでもあった。そして、伊勢谷友介さん演じる宇佐美編集長の名言も心に刺さるものがあります。

 

恋愛面だけではなく、女性としての在り方や女性の価値の高め方など勉強になることがたくさんあります。主人公のさやか(波瑠)は、編集長の宇佐美から半年以内に結婚しないとクビにすると期限を設けられ、宇佐美編集長のスパルタアドバイスのもと、戦略的に実践していくのです。努力をして1歩ずつ素敵な女性になっていくさやかの姿がとてもキラキラと映し出されています。

 

ドラマから学べる、有名ブランドマーケティング理論も含めた名言をご紹介します!

 

第一話 完璧な戦略の始まり

「お前がなぜ男に捨てられたのか教えてやろう。お前が安いからだ。安いというのは市場価値が相対的に低いということだ」

第一話からグサッとくる一言。

 

例えはエルメス。

エルメスはなぜ売れるのか?

「セールをしない」「すべて自社製品」「アウトレット品を出さない」などの企業努力があるからこそ、値段に釣り合う価値が生まれる。

男は無意識のうちに女の価値を計算している。

いい女には金も労力も惜しまない。

どうでもいい女には何も提供しない。

婚約破棄されたさやかにトドメの一言、

婚約者は「結婚という代償をはらう価値がないと判断した。」

要は、エルメスと同じくらい価値を高めましょう。ということ。

第一話の教え:女の価値は売り方次第でいくらでも上がる。だからこそ価値を高める努力をしよう。安売りはするな。

第二話 甘やかすのではなく、自分を愛せ

「お前は自分がすきか。

いかなるときも自分にだけは愛を注がないといけない。自分を愛するといっても、自分を甘やかすということではない。自分を愛すれば、時間を無駄にしないし、自分を磨くことができる、自分を傷つけることもなければ、自分の身体を大切にする。もしお前が身体だけの関係を続けていこうとするなら、それは自分への愛が足りないからだ。

バッグならいくらでも代わりはあるが、お前の身体はこの世にたったひとつしかない。おまえ自身が愛を注いでやらないでどうする。自分を愛せ。」

 

編集長のこの言葉を聞き、新しい自分に生まれ変わってまた1からやり直すことを決意。

 

次の戦略は「リセット」。

 

まずは、デスクを掃除しろ!いつも散らかっている。どうせ部屋も汚いんだろ。と編集長に見破られるさやか。すべてをリセットするためにまずは部屋の中のいらないものを捨てよう。

 

ココシャネルの格言:インテリアは心の表れよ。

 

第三話 婚約破棄から1ヵ月、男性のニーズに応えよ

「たった1度の結婚、1ミリたりとも妥協するな」

妥協する前に男性の要望に耳を傾けることから始めよ。

 

例えはコーチの戦略。

かつては高級革製品のみを扱うブランドだったが、90年代中頃に市場のカジュアル化が進み厳しい局面に立たされたコーチは「手の届く高級品」にポジショニングを変えた。

徹底的な市場調査の元、勝てる戦場を選んで勝負をしている。

 

そして、他のブランドが決してやらなかった戦略が、顧客の声を聞いて商品に反映させた。現状に甘んじず、常にマーケットのニーズに答え、改革し続けることがコーチの成功の秘訣である。

 

これを恋愛に置き換えると・・・

「男の要望に応えるところから始める」まずは今日にでも変えられる服装から。見かけの印象が恋愛に大きく影響する以上、最も優先順位の高い改善事項である。

恋愛や婚活において、自分の着たい服を着るより、男性のニーズを取り入れたファッションの方が男性にモテる。モテないより、モテた方が女性は輝く。

 

「要は興味の対象が自分なんだよ!もっと純粋に男性が何を考え、何を求めているかを知れ!そうすれば男性のためにファッションを変えることなんて簡単にできる」

 

この宇佐美編集長の言葉はなるほど。と思いました。

 

「興味の対象が自分」この言葉は周りに指摘されないと、なかなか本人が気づくことができないかもしれないですね。

 

男性は、自然と肌に目が行くようにできているんだとか。足と二の腕は必ず出すようにと宇佐美編集長のアドバイス。

 

そして最後のトドメが・・・「己の欠点を隠すのに、成功はない!」

 

 

第四話 確実に結婚できる方法?!

「常に男性に囲まれていること。」である。

出会いを増やして、複数の男性から言い寄られる環境を作ることにより自分にも自信が持てるであろうという理論。

「ひとりやふたりと出会ったところで、いい男に出会えるわけがないだろ。本当に自分に合う男を見つけたいなら、出会う男の数を増やせ」

すれ違った男は全員自分に惚れさせるくらいのつもりでいればいい。と難易度高め(笑)

 

そして例は、ティファニー成長戦略へ

ティファニーは戦争という厳しい時代を生き抜くたくましさがあり、二月革命の時には亡命するフランスの貴族から貴金属を買い取りアメリカで売って成長した。南北戦争の時は剣や銃を輸入して国に納めていたため店を軍に守ってもらえた。戦争がおきたからといって悲嘆にくれるだけではなかった、その時代に合わせた対策をおこなっていたのだ。

 

これを恋愛に置き換えると・・・

「男性が消極的で誘ってこない時代だからこそ、自分から仕掛けることに意味がある。この環境の変化に対応できるものだけが勝ち残れる。それが世の常である。」

 

これは・・・まさに仕事でも同じことが言えますよね。

 

今の時代は、見た目が良くて経済的に豊かでも、自分から誘えなくてモテない人が実は多いとの見解。自分からアプローチできない男性に最初の一言でいいから自分からアタックする。そうすれば向こうから誘いやすくなる。これが時代の変化に対応できる力。

 

環境の変化に対応できる力、どの時代でも生き抜ける力、身につけたいものです。

第五話 美の本質は健康である

男性の好みは人それぞれ。

しかし、男性は無意識のうちに相手が健康かどうか判断している。」というのだ。

そして健康だと美しいと感じるようにできている

なぜならば、健康なパートナーを選んだほうが自分の遺伝子を残すのに有利だからだ。

実際ウエストとヒップの割合は7対10だと男性が魅かれやすく、見た目も健康的で男性にとって魅力的な女性である。

要するに「ニーズに合致した体型」

この割合は成人病にかかりにくいというデータも出ている。

マリリンモンローやオードリーヘップバーンもスタイルは違うけれど、ウエストとヒップの割合は7対10だったと言われている。

二千年も前のミロのヴィーナスもウエストとヒップの割合が7対10である。

男性が女性に求めるものは何千年も前から変わっていないのだ。

 

 

「規則正しい生活をする」それが本来のボディメイクである。

 

 

まとめ

前半での学びは

「顧客(男性)のニーズがどこにあるのかをもっと考えるべきである」ということ。

 

私は仕事で上司に言われたことがあります。

「考えることをやめるな。これからも考え続けよう。」と。

 

仕事だけではなく恋愛でも当てはまることなんですね。

 

興味の対象が自分になりすぎないように、そして相手が何を求めているのか、相手のことを思う気持ちは少なからず相手に伝わるものです。最近恋愛がなかなかうまくいかないなぁと悩むことがあったら、この言葉を思い出してみるのも良いかもしれません*

 

 

初デートの極意

男性とデートをするときは、男性の力を使わせることを考える。

そして女性はそれを認めてあげることが重要。

男性は危険な目にあってでも、自分の力を見せたいし、それを認められることが快感である。

 

 

 

 

Amazon | サバイバル・ウェディング Blu-ray BOX -TVドラマ
波瑠, 吉沢亮, 伊勢谷友介 海外TVドラマ、日本のTVドラマのDVD・Blu-rayをオンライン通販アマゾンで予約・購入。
タイトルとURLをコピーしました