ヤクルトの青汁で健康習慣!手軽な青汁の効果とは?飲み方をかえて続けてみた

スポンサーリンク

最近継続して飲んでいる「私の青汁」

以前ヤクルト1000や、ミルミル、ヤクルト化粧品(歯磨き粉もとても良い)などの記事を書いたので、見て下さった方は何となくお気づきかと思いますが、何かとヤクルト生活している人間です。

会社にヤクルトのお姉さん(ヤクルトレディ)が来て下さるので、半信半疑毎日飲み始めたことがきっかけで色々使うようになりました。

最近野菜不足な生活が続いていたので、1日1本青汁を飲むようにしています。

成人が1日あたりに摂取したい野菜の量は350gと言われています。

その内訳は、緑黄色野菜120g以上、淡色野菜230g以上です。

生野菜だと、だいたいこれくらいの量。

野菜料理は小鉢で50gから100gの量の野菜がとれると言われているので、1日5皿程度を朝・昼・晩の3食に分けて食べると、1日の摂取量をクリアすることができます。

これを毎日続けるとなると、なかなか大変なのです・・・。

意識しないと、できても3日坊主かも。

最近家族に「食べてる物が、炭水化物ばっかりね・・・」と言われ、ハッとしました。

私の悪いクセですが、仕事が忙しくなればなるほど、野菜が不足するのです。
そして、炭水化物ばかりが増える。

これは良くないと思い、毎日飲んでいるヤクルト1000に加えて、ヤクルトの「私の青汁」にもお世話になることにした。

もともと野菜は大好きなのだけど、1日の摂取量には足りていない。

補うものとして、飲んでみることにしよう。

青汁の良いところって、手軽なところ。
粉末タイプだから忙しくてもコーヒーとか水の代わりにすぐ飲める。

 

でも、青汁って苦いイメージがあるんですよね。(イメージだけね)

 

なので、水で溶かしたバージョンと、牛乳で溶かしたバージョン、そして豆乳でも溶かしてみた。

利き酒ならぬ利き青汁。

飲み物だけじゃなくて、ヨーグルトにも混ぜてみよう。

 

まずは、お水から。
1袋につき100ml程度の水やお湯で溶かします。

飲みにくさや苦みはありません。

ただ、青汁が苦手な人は水やお湯で飲むよりもっと飲みやすい飲み方の方が良いかもしれないなぁ。

 

やっぱり牛乳?

 

牛乳で割って飲むと、もはや青汁の味は一切しない。(笑)
美味しく飲めます。これであれば苦手な人でも飲めるでしょう。

 

飲みやすくて身体にも良さそうな飲み方って?やっぱり豆乳かな?

 

混ぜ混ぜ。

さらによくかき混ぜる。くるくる。

 

これは・・・

美味しい!!!!!!!!!!!!!!!!

※無調整豆乳で飲む勇気はなかったので、調整豆乳にしました。(笑)

 

豆乳が一番おいしかった!
美味しくて写真撮るの忘れてた。

もう飲み終わりますが、一応写真。見た目は牛乳と変わらないね。

青汁が苦手な方は、牛乳や豆乳で溶かすと美味しく飲めるかと思います!
私としては豆乳が一番オススメですが。

オーツミルクとの相性はどうだろう?と思ったけれど、オーツミルクと合わせてしまうと、食物繊維が豊富なもの同士なので、お腹が心配。(笑)

水で飲む分にも、苦味はありません。
でも、苦手意識のある方は牛乳や豆乳の方が良いかもしれません。

最後にヨーグルトにも!


R-1ヨーグルトと混ぜ混ぜ。

 

ヨーグルトも青汁の味はほとんど感じなかったなぁ。

一度に取りすぎるとお腹が緩くなるので、1日の量は守って下さいね!
健康補助食品として、1日当たり1~2袋が目安です。

大分県国東半島とその周辺地域の契約農家が農薬化学肥料不使用で大麦若葉育てており、その大麦若葉を使用しているので、安心感があります。

食物繊維や、β-カロテン、鉄分など、野菜が足りないかなと思う時はなるべく飲むようにしています。

値段もお手頃なので、毎日でも続けやすいです。

ヤクルト私の青汁 60袋【3個セット】
●大分県の契約農家で栽培した国産の大麦若葉を原料に、自社工場で粉末化し、のどごし良くすっきりと飲みやすい青汁に仕上げました。●化学肥料・農薬未使用栽培で育て、鮮度にこだわった朝摘み・生葉搾り製法で粉末化しました。もちろん、香料・着色料・保存料は無添加です。●野菜不足の方におすすめ。食物繊維はレタスの約2倍。(※「五訂増...

ヤクルト1000は毎日飲んでいるので、だいたいこの量が冷蔵庫に入っています。笑

公式HPにも、おすすめレシピとして載っていましたが、ヤクルトに青汁の粉末を混ぜて、お好みで水を少し(20ml程度)入れて飲むのも美味しい!

 

ヤクルトと青汁のダブルは腸内環境も抜群です。

 

まずは手軽で続けやすいものから、はじめてみてはいかかでしょうか♪

 

継続すると、身体に変化があるものです*

タイトルとURLをコピーしました