私がマウスピース矯正インビザラインを選んだ理由

様々な歯列矯正方法があるなかで、なぜインビザライン矯正を選んだのか。

 

自分に合う最適な矯正方法はどれだろう?

時間もお金もかかる歯列矯正なので、なかなか即決するのは難しいですよね。

意を決してやるからには、きれいな歯並びにしたい!

歯列矯正をする方は、誰もがそう思うはずです。

 

いくつかの矯正歯科で話を聞いて、インビザライン矯正(マウスピース矯正)に決めた理由をメリット・デメリット含めてまとめます。

※インビザライン矯正・・・マウスピース型矯正装置を使用した矯正治療システムの名前

自分が矯正をする上で譲れないポイントは何か

 

矯正治療を考えている方には、人ぞれぞれ目的があるはずです。

出っ歯、受け口、八重歯、すきっ歯などの不正咬合による歯並びの悪さを気にして、なるべく口を隠して話す方や、笑顔に自信が持てない方。

噛み合わせを改善させたい方(正しい噛み合わせは、全身の健康にも繋がります)

そんなに大きな歯のズレはないけれど部分的に矯正したい。

結婚式や大きなイベントまでにきれいな歯並びにしたい。などなど

 

 

個々の悩みがあると思うのですが、私は最初「部分矯正」で治せるなら部分矯正で治したい!と思っていました。

前回の記事に書いた、削られた部分のズレのみ矯正できればと思っていたのです。

 

矯正をする上での優先順位が

✔なるべく目立たずに矯正治療がしたい

✔抜歯はしたくない

✔部分矯正で治せるなら部分矯正を希望

 

といった感じです。

まずは、この条件を満たせる矯正方法を探しました。

透明で目立ちにくいマウスピース

なるべく周りからみて目立ちにくい矯正を希望していた私にとって、インビザラインは最適でした。マウスピースであれば取り外せるし、それで矯正できるならマウスピースで矯正したいと思っていました。
ですが、歯科医院のなかには、「ちょっとマウスピースだと難しいかな」と言われたところもありました。
そして何よりも私自身が「マウスピースで歯が動くのか?!」と疑心暗鬼だったところがあったのです。

結論からお伝えすると、マウスピースでも歯はしっかりと動きます。

歯は骨の中で歯根膜という繊維組織で支えられています。持続的な優しい力が加わることで歯は移動します。

私のように他院では「インビザラインではできない」と言われても他の医院でインビザライン矯正の治療ができる場合もあります。

取り外しができて衛生的

ワイヤー矯正と違い、インビザラインはマウスピースを使った矯正なので、取り外しが可能です。1日の装着時間は決められていますが、食事に時に取り外すことが可能なので、治療中も普段通りに食事ができます。歯磨きの際も取り外せることから、虫歯になりにくいという特徴もあります。

ワイヤー矯正よりも痛みや違和感が少ない

ワイヤー矯正と違い、装置が粘膜や舌にあたって痛みを感じることがありません。ワイヤー矯正よりも移動中の歯の痛みは比較的軽減されているようです。

また、ポリウレタン製で金属不使用なマウスピース装置のため、金属アレルギーの方でも安心して矯正治療をおこなうことが可能です。

通院回数が少ない

ワイヤー矯正では通常3~4週間に一度の通院が必要です。インビザライン矯正に関しては、あらかじめ用意されているマウスピースを治療計画通りに自宅で交換して使用します。その為、通常は1.5~3か月に一度の通院で治療できます。忙しくてなかなか通院できない方にもオススメの矯正治療です。

インビザラインは自分次第で治療結果が変わる

インビザラインのメリットともデメリットともとれる点は、「自分自身で取り外しが可能」という事だと思います。決められた時間(1日20時間以上を目標)装着していないと、計画通りに歯が動かず、思うような治療結果がでなかったり、予定していた期間よりも矯正期間が長くなってしまうことがあるのです。ほとんどの時間装着していなくてはならない為、自己管理が重要です。

こういった理由から、取り外せないワイヤーの方が良い!という方もなかにはいるでしょう。

インビザラインが適さないケースもある

歯列の状態によっては、インビザライン矯正が適さないケースもあるようです。

重度の不正咬合や前後左右に顎がずれているなど、場合によってはワイヤーやブラケットを併用しての治療が必要な場合もあるので、複数院でみてもらい最終的に決めた方が良いかと思います。

カウンセリングは1つではなく数件聞いた方が良い

 

私はカウンセリング疲れをしてしまうほど聞きにいきました。

最初歯科矯正で話を聞いた時に5件ほど、その5件の中でインビザライン矯正というものを知り、そのあと3件ほどインビザライン矯正の話を聞きに行ったので、計8件です。

ここまで聞きに行く必要はないと思うのですが、私はそのおかげで自分が納得できる治療方法を選べたと思っています。

どこの医院で治療しても同じ?

インビザラインの治療方法は変わらなくても、従来のワイヤー矯正とは全く違う知識と技術が必要になります。そのため私は、矯正歯科医院でインビザライン治療の症例数が多いところで話を聞き、実際にお願いすることにしました。インビザラインならではの治療経験と知識が必要になるので、自分が安心できる矯正歯科医院を見つけましょう。

まとめ

インビザラインは3D画像により治療のゴールを事前に確認できるというメリットもあります。どのように変化していくかが治療前にわかると、これから頑張って続けようという気持ちにもなれますよね。費用面は人によって差があるのと、クリニックによっても若干の差があります。インビザラインの方がワイヤー矯正よりも安く済む方という方も多いかもしれません。

私は、矯正をする上で、

目立たないように矯正するということと、

抜歯はせずになるべく部分矯正でできる矯正方法を選びたい。と思っていました。

部分矯正に関しては、ほぼ全部の医院で難しいと言われ諦めがつき、抜歯はせずに目立たない矯正ができるという点では納得のいく治療方法を選べたと思います。

 

 

次回、3D画像を取って治療計画を立てていく予定です。

これからが本番で長い道のりになります。

インビザラインの途中経過も今後お伝えしていきます*

タイトルとURLをコピーしました