本物の女子力UPのために今我慢するべきこと

医療現場で働く女性がTwitterで「コロナが収まるまで、皆様にお願い」と投稿した内容が、今反響を呼んでいます。

私はネットでその記事を読み、医療現場の切実な思いを感じました。そして今最前線で頑張ってくれている医療現場の方々のためにも、ひとりでも多くの女性に知ってもらう必要があると感じたのです。

 

 

「マニキュア、ジェルネイルはなるべくやめて下さい」

医療現場では、爪に赤い光を当てて血中酸素を測定します。しかし、ジェルネイルやマニキュアをしていると測定できません。とくにジェルネイルは除光液では取れないので、マニキュアよりもさらに時間がかかり、緊急時はその数分が命取りになる。という内容でした。

 

 

「パルスオキシメーター」という医療器具は、血液中の酸素濃度を測るもので、呼吸状態や血液の循環状態などを確認するために使用する器具です。指先を挟み込む形をしています。

この機械は、LEDライトで指先に光を通して、血液の色を判定することにより、血液中の酸素飽和度を測っているようです。そのため、ジェルネイルやマニキュアをしていると正しく測定されません。

 

「医療現場は人手も道具も足りない」

ジェルネイルをしたことがある人はわかると思いますが、ネイルオフをするのに時間がかかりますよね。素人がおこなうと尚更です。今医療現場は、新型コロナウィルスの影響で人手も道具も足りない医療崩壊の危機に立たされています。緊急時は、数分が命取りとなるため、ジェルネイルやマニキュアをした状態で病院にお世話になるということは避けなくてはなりません。

 

新型コロナウィルスの感染拡大により、「自分はかからない」と思っていても、いつ病院を受診することになるかはわかりません。

 

不要不急の外出を控えることはもちろんですが、いつも習慣にしている自分磨きを、こういう緊急事態の時に控えることができるのも本当の意味で「女性の品格」を高める行為になるのではないかと思います。

 

 

 

「1分1秒無駄にさせないために、私たちができること」

マニキュアは除光液で落とすことができるので、救命救急センターでは除光液が常備されているそうです。ですが、ジェルネイルはそんなに簡単には外せないので、必要な処置が遅れてしまうことがあります。医療現場の方々に、そういった手間を省いてもらうためには、私たちが事前にマニキュアやネイルオフをしておく必要があります。自分の体調に異変を感じたら、早めにオフを心がけましょう。

 

私は昔手術をする際に「ネイルは外してきてくださいね」と言われました。指に挟むだけの行為でもとても重要な役割をしているのです。

 

 

 

「ネイルをオフしたら爪はボロボロだった」

以前ジェルネイルから爪にやさしい「シェラックネイル」に変更したという記事を書いたのですが、これを機にネイルオフをしたら、案の定爪はボロボロでした。シェラックネイルが悪かったわけではなく、そもそも自分の爪の状態を正常に戻さなくてはいけなかったのです。オフしてから、爪が弱っているからか割れてしまい、数年ぶりに自爪との戦いをしています!落ち着くまでは、自爪強化に専念することにしました♪

 

実際の今の爪状態はこんな感じ

細かい傷がちらほらあって、美しい爪とは程遠い・・・。

 

 

「自爪強化アイテム」

当分はマニキュアとジェルネイルとはおさらばなので、この機会に自爪を強化すべくネイリストの友達からオススメされた「Dr.Nail DEEP SERUM(ドクターネイル ディープセラム)」を購入してみました!爪トラブルのための浸透補修液です。

こんな方にオススメ!

✔爪が割れやすい

✔爪が薄い

✔爪の縦すじや二枚爪

爪の内側に浸透して補修してくれます。

 

ディープセラムは無香料とローズの香りがあり、今回はローズを使用しています。無香料も1度使用しましたが、香り好きな方はローズもオススメ!

 

 

 

 

 

 

これを機に自爪を強く美しくしていきましょう*

タイトルとURLをコピーしました